トップページ

定番商品の素材には、良質の植物タンニンなめしグレージング加工多脂牛革(俗に言うサドルレザー)を使用しております。(現在の定番商品には栃木レザー社製のサドルレザーを使用しております。)その他、店頭販売のみのイタリアンレザーを使用したウォレットシリーズも各種展開しております。価格に付きましては、お客様全員に『お友達価格』を適用させて頂いております。「一生もの」となる革製品を是非お楽しみ下さい。

ハンドメイドレザークラフトコテージのウォレット

ロングウォレットシリーズ一覧へ

ロングウォレット

ロングウォレットシリーズ一覧へ

ハーフウォレット一覧へ

ハーフウォレット

ハーフウォレットシリーズ一覧へ

ミドルウォレットシリーズ一覧へ

ミドルウォレット

ミドルウォレットシリーズ一覧へ

スペシャルウォレットシリーズ一覧へ

スペシャルウォレット

スペシャルウォレットシリーズ一覧へ

コンセプト

コンセプトイメージ

コンセプトイメージ

サドルレザー(コテージの場合は牛革植物タンニンなめしグレージング加工多脂革)に関わらず、本革製品は非常に高品質であると思います。また、そうでなければならないと思っております。しかし、その一方で、大変高価なものでもあると思います。これを少しでもお安く提供出来たら。

お客様全員に『お友達価格』。

大切な友人に製作を依頼されたときと同じ価格で、すべてのお客様に提供して参りたいと思います。

これがコテージの値段コンセプト。

製作過程としては、皮革製品を作るにあたって、値段を抑えようと思ったら、大量生産の容易なミシンでの製法が当たり前ですが、やはり手縫いのほうがほつれ難いとか製作者の味わいとかっていうのが、はっきりと製品に現れてきます。もちろんミシンを否定することは致しません。より良いモノを作るうえで、ミシンのほうが良い場合もたくさんあります。ミシンを扱うのにも熟練の技術が必要なのも確かで、100年以上も昔から使われてきた素晴らしいツールです。手縫いにこだわり~ なんていうのは職人のエゴになってしまうのでは!?とも思います。作るべき製品と向き合い、使って下さる方を思い描き、より良い仕立てを心がけ製作に励みます。

それを踏まえた上で、モノや部位などにより臨機応変に対応しつつ、コテージの革小物製品は基本的には極力、手縫いでやっていこうと思っております。

これがコテージの製作コンセプト。